スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
laud salon vol.03 + AXIS FORUM のご案内
2008 / 06 / 30 ( Mon )
代々木の「DADACAFE」さんにて、laud salon vol.03をやります。
前回salonにてお知らせした日程が変更になりましたのでご注意ください!

また、デザイン誌「AXIS」主催のAXIS FORUMに
私、御代田が出演することになりましたので、併せてご案内させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
laud salon vol.03 ~ ドボク発見 ~
今回は、ランドスケープデザイナーで、GPSを使って地上絵を書くという「東京ナス化計画」で有名な石川初氏にご登場頂きます。
最近出版やイベントで多く目にする「ドボクマニア」(※ドボク:土木施設だけでなく機能のみで現れる土木的施設を言う、的な意味だったと思います。。)。
彼らの視点は新しい景観の発見であり、「景観」とはそもそも発見から発生する、と言う石川氏。
自然、地形にも精通する石川氏に、土木がつくる「景観」と発見される「景観」の違い、その関わりについて語って頂きます。

○日時:2008.07.22(火) open 19:00 close 20:45 
○会費:¥1,500(1ドリンク付)
○場所:DADACAFE(JR代々木駅東口徒歩2分) 
    住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-10
    TEL:03-3350-2245
    地図はこちら
○トークライブゲスト:
    石川 初 氏  (株)ランドスケープデザイン 
○プログラム:
  19:00 開会
  19:05 laudプレゼンテーション:東京の地形
  19:30 ゲストプレゼンテーション:石川初氏
  20:00 ディスカッション
  20:30 意見交換
  20:45 閉会
○申し込み:
  氏名、職業、人数をご記入の上、info@laud.jpまでメールにてお申し込みください。
  (先着30名)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AXIS FORUM ~土木の真髄

私たちは日々の暮らしの様々な場面で「土木」に触れ、そして利用している。
ところが、その“土木の存在”が、使い手に意識されることはほとんどない。道路、鉄道、公園、橋、川、上下水道、ダム…そうした土木施設は、とりたてて意識されることもなく、たゆまず機能しつづける生活必需品として存在している。
そんななかでも最近、土木の魅力をそれぞれの視点で発見する「使い手」も現れてきた。
同時に、より良い風景のあり方、まちのあり方を求めて、土木を積極的にデザインする作り手も増え始めている。
今回のAXIS FORUMでは、土木の「作り手」と「使い手」の双方の目線に立ち、それぞれが考える土木の魅力やあり方について語り合い、社会や生活、文化、あるいは人々の心象風景に与える影響について考察してみます。


○日時:平成20年7月15日(火) 18:00開場 18:30~20:00 (終了後懇親会有り)
○会費:¥1,000(懇親会費含む)
○場所:AXIS GALLERY(六本木) アクセスマップ→http://www.axisinc.co.jp/access.html
○定員:100名(先着順、定員となり次第締め切らせて頂きます。) 
○出演:天野 光一 日本大学理工学部社会交通工学科 教授 
    宮本 佳明 宮本佳明建築設計事務所代表、大阪市立大学大学院工学研究科兼都市研究プラザ教授
○進行:御代田和弘 tokyo doboku society 代表
○司会:石橋 勝利 AXIS 編集長
○プログラム(案):
    18:30 開会 挨拶(石橋編集長)
    18:35 土木の意識化(仮):御代田
    18:50 土木デザインの現在(仮):天野光一氏
    19:10 ディスカッション(壇上、状況に応じて会場からの質疑)
    19:20 土木の見方、読み方(仮):宮本佳明氏
    19:40 ディスカッション(壇上)
    19:50 会場との意見交換
    20:00 閉会
○申し込み方法:
    お名前、職業、連絡先電話番号、メールアドレスを明記の上、
    forum@axisinc.co.jp 、またはFax:03-3583-0199までお申し込みください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

info | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
御礼
2008 / 05 / 26 ( Mon )
laud salon vol.02

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

00.jpg 01.jpg 02.jpg

代々木にあるDADACAFEにて行いました「laud salon vol.02」ですが、
お陰様でほぼ定員の約30名の方々にご参加頂きました。
当日は、雨上がりの足下の悪い中お越し頂き、改めて御礼申し上げます。

イベントは、関さん、小島さん(ぴろりさん)の楽しく興味深いプレゼンテーションのおかげで、皆様にも楽しんで頂けたのではないかと思います。

なお、次回の「laud salon vol.03」は、7月23日(水)19:00~ に行います。
詳細は追ってblogにてご案内させて頂きます。
今後ともよろしくお願いいたします。

ご参加頂きました皆様ありがとうございました。
また、ゲストのお二人、そしてステキな会場をお貸し頂きました「DADACAFE」様、
本当にありがとうございました。

laud miyota
info | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
laud salon vol.02
2008 / 05 / 09 ( Fri )
代々木にあるカフェ「DADACAFE」をお借りして、ほぼ一年ぶりのlaud salonをやります。

今回は、「社会科見学へ行こう!」主宰で、今TVや雑誌でもご活躍中のぴろり、氏と、
土木分野で初のグッドデザイン賞金賞を受賞し、全国の現場を駆け回る土木デザイナー関文夫氏を招き、「土木見学のススメ」と題して、土木施設のできるまで、工事中の迫力ある風景、できた後の土木施設の役割等、みなさんの知らない土木、土木見学の楽しさ、土木のスゴさについて、語って頂きます。

参加ご希望の方は、info@laud.jpまでご連絡ください。(先着30名)

なお、今年はDADACAFEさんのご協力を得て、
laud salonの隔月定期開催を予定しています。
スケジュール等決まりましたら、改めてblogにてお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
laud salon vol.02 ~ 土木見学のススメ ~

○日時:2008.05.25(日) open 15:00 close 16:45 
○会費:¥1,500(1ドリンク付)
○場所:DADACAFE(JR代々木駅東口徒歩2分) 
    住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-10
    TEL:03-3350-2245
    地図はこちら
○トークライブゲスト:
    ぴろり、氏  社会科見学に行こう!主宰 
    関文夫 氏  大成建設(株)
○プログラム:
  15:00 開会
  15:05 laudプレゼンテーション:都内の土木施設紹介
  15:20 ゲストプレゼンテーション:ぴろり氏
  15:35 ゲストプレゼンテーション:関文夫氏
  15:50 ディスカッション
  16:30 意見交換
  16:45 閉会
○申し込み:
  氏名、職業、人数をご記入の上、info@laud.jpまでメールにてお申し込みください。
  (先着30名)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

info | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
AXIS vol.132で土木特集やります!
2008 / 02 / 09 ( Sat )
お疲れさまです。
いやいや、半年ぶりですみません。


このたび、あのハイソデザイン雑誌「AXIS」さんで、初の土木特集をやることになりました!
3月1日発売です!
企画段階から色々とお手伝いさせて頂き、
巻頭ページと、東京の風景に関する記事を執筆させて頂きましたので、
ぜひ皆様ご一読頂き、ご感想等お寄せ頂けたら幸いに存じます。

これに関連してイベント等も考えていますが、
詳しく決まったらまたご案内させて頂きます。

まずは、そんなとこで。

miyota
info | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ありがとうございました。
2007 / 06 / 17 ( Sun )
laud salon 001
昨日は、多くの皆様にお集まり頂き、ありがとうございました。
001.jpg 002.jpg


003.jpg 004.jpg

恵比寿のカフェで行なった「laud salon 001」ですが、約60人の方々にご参加頂きました。
つい先日梅雨入りとなり、天気予報では「雨」だったので、一年半前の雪の日のイベントを思い出し心配してましたが、一日で予報が覆り、当日は快晴に恵まれたこともあって多くの方々にお集まり頂くことができました。
ご来場いただいた方々には改めて感謝申し上げます。

イベントは、毎度のことで恥ずべきことかもしれませんが、段取りやもてなし、食事の面などでご満足頂けなかったことも多々あったかと思います。この場を借りてお詫び申し上げます。

今後も、今回のような多くの人との会話をメインにした「salon」と、プレゼンテーションをメインにしたシンポジウムスタイルのものと、目的を分けつつ継続的に開催したいと思っています。
またblog、メール等でご案内させて頂きますので、ご興味があればぜひ気軽にご参加ください。

laudの皆さん、お疲れさまでした。
ご参加いただいた皆様、本当に有り難うございました。


laud miyota
info | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。