スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
オレ土木 #002
2006 / 01 / 25 ( Wed )
yoyogi


金谷/ これ代々木の山手線の跨道橋やけど、いつできたんかな。ちゃんと調べてへんからあれやけど、山手線が回り始めたのが昭和のはじめらしいから、そのころかな。もうちょっとあとかな?まぁざっと80年を経て、いまやどうよ。

加藤/ 古いだけあって、手の込んだ作りの橋だよね。レンガ積みの橋台とか、コーナー部分は大きい石で組んであるとことか。あと、個人的にリベットうちの橋はすき。

金谷/ いや、まあそれはそうやけど。なんてゆうか違和感とかない?

加藤/ ごてごてと余計なものが付いてるとこのこと?古い部分のディテールに目がいくから、あまり気にならないけど。

金谷/ 実物見てたらそうやけど、改めて写真でみると、けっこう気になれへん?

加藤/ たしかに、レンガ積みの橋台に、鋼材で受け台作って、ケーブルわたしたり、車高制限のバーが付いたりして痛々しくはあるけど、変に“デザイン的になじませました“的なものがくっつけられるよりは良いんじゃない?

金谷/ 受け台とか、たしかに、合理的というか経済的な感じで作ってるような気もするけど、なんか、そういうとこで説明つきそうな形っていうのも、味気ないちゅうか…

加藤/ ごちゃごちゃと付け足していくんじゃなく、収まりよく作れってこと?

金谷/ そういう訳やないけど……

加藤/ でも、なんか古いものに、時代に応じて必要なものが付け加わっていくのも、逆にその古さが際立ったり、ベースのしっかり感がにじみ出てきたりって、ちょっと無理くりかもしれないけど好意的な見方にはならないかね?

金谷/ 車高制限のバーにモータリゼーション感じたりとか、情報ケーブルとかにコンピューター社会見つけたりとかかぁ。そういう時代の層みたいなんが、なんか見えてくるかもしらんな。だからどうやねん、というのはさておき。

加藤/ 今後も、まだ増殖するのかな。

金谷/ 都心への車の乗り入れ制限するのに山手線のとこにゲートとか付くとか聞いた。料金徴収システムとか看板とかカメラとか。あとは、レンガが地震のときに崩れんよう、補強する鉄板とかも付くやも。

加藤/ もういっそのことドカドカくっつけてフルアーマーガンダムみたいにしちゃうとか。ポテンシャルの高い本体であるガンダムをさらに多機能にして「なんだかすげー!」という感じ。ま、フルアーマーガンダムってかっこわるいんだけど。デザイン的に。

金谷/ そういう過剰感ってええね。東京って感じするわ。目指すんはその方向やね。でも、ちょっと気ぃ付いたんやけど、ここの橋台て落書きないわ。グラフィティの人とかも、ベースの橋の丁寧な仕事っぷりとかに気ぃ遣って、なにげに落書きすんの止めてたりして。

加藤/ だとしたらちょっとすごいね。それ。
オレ土木 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<土木な建築家 | ホーム | ありがとうございました>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/9-69ad9456
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。