スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
“合意”と“共感”
2007 / 03 / 05 ( Mon )
ちょっとメモ程度ですが。

以前書いた内容とも関係しますが。
先日、景観の専門家である近畿大学の岡田先生とお話しする機会を頂きました。

その中で、
・最近の景観の話題を見ていると、価値の議論に比べて、景観に関する住民の合意形成やまちづくり手法の議論が増えている。
という話がありました。
これを聞いて、下手すると「住民を合意させること、納得させること」に目的がすり替わる可能性があるなぁ、と思いました。

「合意」は“意志”が一致することで、「共感」は“感情”が一致することではないかと思います。(勝手な解釈ですが)
“意志”は理屈で変わるけど、“感情”は理屈抜きのものかな、と。(勝手な解釈ですが)
なので、やっぱり景観は「共感」することが大事。

ただ、そのとき「共感」された景観の価値をきちんと評価する(できる)ことが大事とも思います。
そのためには、誰かがきちんとその価値基準を整理する必要があるかと思います。
「共感」されればイイと言うわけではない、とも言っておきたいわけです。

laud miyota

miyota | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<景観と風景 | ホーム | ダム祭り>>
コメント
----

岡田氏がいうように「納得させることそのものに目的」があるという流れがあって,そのひとつとして,こんな風な制度が成立しているとしたら,ちょっと気持ち悪いです(http://www.mlit.go.jp/crd/city/plan/townscape/gakushu/index.htm).
「景観の議論を通り越して」日本橋の首都高撤去とか主導している周辺の考え方とも考え方につながりがありそうな気もします.
景観やってた人たちは,どういう理由か議論がめんどくさくなってきてしまっていて,それを押さえつける方向で,教育(合意形成をコントロールするとかも含めて)をつかって,暴力(?)的に景観を形成しようとしだしている,というふうに読みましたが,そういうこと?
by: かなや * 2007/03/06 17:33 * URL [ 編集] | page top↑
--いや、そこまでは・・・--

そこまでは思いませんて。

たぶん、意識的に「合意させてねじ込めば」とやってるのではなく、色々やってくうちに「合意」してもらうことが「成功」という雰囲気になってきて、その議論の本質がぼけちゃった、とかそんな感じでしょう。

上で言ってるのも、「合意」を「悪」といってるのではなく、本質を忘れないようにしましょう、と言ってるだけ。

紹介してくれたプロジェクトも、「啓発活動」としてはいいんじゃないでしょうか。ただ、難しそうだなぁ、と思いました。

あと、日本橋の件、土木学会誌で北大の越澤先生がこう言ってました。
“小泉前総理が初めて総理大臣として都市の景観や国が推進したインフラの質の問題点を指摘したことは、国の力や文化を表す首都の基盤整備に国が目を向けたという意味で大変意義があったと思います。そう言う視点で、日本橋のことを考えないといけないと思います。”
だからこそ、これから作る“景観”において、二度と繰り返さないことをきちんと言って欲しいとも思うんだけど。
by: miyota * 2007/03/06 18:33 * URL [ 編集] | page top↑
--景観まちづくり学習プロジェクト(?)--

小中学生の琴線に触れる風景って、(一部の)大人の言う「美しい景観」とは対極的なもの(電柱とか看板とか首都高とか)がどんどん出てきそうで、それらを誰がどのような評価をするのかが気になる。
題材の資料見ると、身近な風景を見ましょう的な内容が主なので、へんなコントロールはないのではないかと、個人的には好意的に受け止められるんだけど、どうなんでしょ。(各プログラムの”オリジナル資料”というのが気になりますが…)
ここでは「合意」まで導き出さず、とりあえず「共感」を体験させる場であって欲しいです。教育テレビ「道徳」のドラマの終わり方みたいな感じ。
by: * 2007/03/07 06:20 * URL [ 編集] | page top↑
--すみません--

今頃気がつきましたが、上のコメント記名し忘れてました。
by: かと * 2007/04/16 13:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/78-7c5383be
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。