スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
「価値」として認められる「概念」
2006 / 11 / 27 ( Mon )
少々、間が空いてしまいましたが。。。


村上隆著「芸術起業論」幻冬社 より。

“マルセル・デュシャンが便器にサインをすると、どうして作品になったのでしょうか。
既製の便器の形は変わらないのに生まれた価値は何なのでしょうか。
それが「観念」や「概念」なのです。
これこそ価値の源泉でありブランドの本質であり、芸術作品の評価の理由にもなることなのです。
くりかえしますが、認められたのは、観念や概念の部分なのです。”

“日本では好き嫌いで芸術作品を見る人が大半ですが、これは危険な態度です。”

“価値は「偶然」から生まれるとも言えるのです。”


「価値」とは、「事物の表層」や「表出された姿」等が好まれるか否かではなく、
表れた物(事)を生み出す「概念」が受け入れられるか否かということで、
アートばかりでなくデザインにも言えることだと思います。
「価値」は「偶然」から生まれるものとも言えるけど、それを「概念」として受け入れられるレベルまで高めることは「偶然」ではありません。
その行為こそ重要なのだと思います。


laud miyota
miyota | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<結果的には尻すぼみ。。 | ホーム | 芝生でピクニック>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/66-0a4ff81a
村上隆
村上隆村上 隆(むらかみ たかし、1962年2月1日-)は現代美術家で、日本におけるポップアートの代表者である。アニメ、フィギュアなどいわゆるオタク系のサブカルチャーを題材として用いた作品が有名で、海外でも高く評価されている。「アートとは何か」 サキの部屋【2007/02/07 03:38】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。