スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
オレ土木 #017
2006 / 09 / 13 ( Wed )
nssnjk01.jpg


加藤/ 今回のネタはこれです。「新宿警察署裏交差点信号柱」。

鈴木/ なに?その名称は。こんな見てくれなのに名前が「裏」だなんて。なんかもっと気の利いた名前があってもいいのに…。

加藤/ 設置されている交差点が「新宿警察署裏交差点」という名称なので、この場だけの名称として、僕が適当に名付けました。これをデザインしたGK設計のサイトでは「サインリング」とか「交差点ゲート」なんて表記されてましたが、西新宿地区のサイン計画の一環としての呼び名っぽかったので、正式名称ではないと勝手に判断しました。

鈴木/ まあ、交差点の名前が「警察署裏」でも、位置づけとしては青梅街道からの「ゲート」としたかったんでしょうね。言葉遊びというか、パラドックスっぽいな。

加藤/ デザイン的には「ゲート」としてのケレン味と、煩雑になりがちな集合ポールの細部処理とが上手いこと消化されていて、交差点全体としてよくまとまってると思うんですよね。例えば信号の取り付け角度とか標識の設置箇所とか微妙な調整が必要なことを考えると「円形」っていうのは理にかなってる気がするし。

鈴木/ 西新宿って動線が立体交差してたり、建物の敷地ごとに空間の雰囲気が違ってたりして、空間的にバラバラな印象があるけど、ランドマークとしての存在感を持ちながら自己主張はそんなに強くないですよね。ドラスティックな印象だけど、重たさはないし、地方の照明ポールとかでやっちゃうような奇妙変な飾り付けはないし。そうそう、これに似たようなモノがが筑波学園都市にもありますよね?

加藤/ これが造られたのが1991年で、先んじて同じようなモノが筑波にユ85年に造られていますね。でもこれ、バブル期真っ盛りのものなんだけど、今見ても全然時代遅れな感じもないんですよね。まあ、カタチはもろGK設計のムダのないデザインで、いかにも公共物な感じだから古い新しいはないのかもしれないけど。むしろネットで調べてみたりすると、アマチュア写真家のサイトで「近未来」的な風景として、よく被写体になってたりもして。

鈴木/ 確かに隣接するビルの広場にある「LOVE」の彫刻と一緒に、ドラマなんかでよく見るから、フォトジェニックなデザインとも言えますね。ちゃんとした名前がない割に、結構キャッチーな存在なんだ。

nssnjk02.jpg

「LOVE」と未来都市

加藤/ 高層ビル街の西新宿と、緑に囲まれた筑波学園都市といった、両極端な空間で成立するデザインというのは、公共デザインとしては理想的ですよね。ボリューム感を考えると「どこにでも」とはいかないだろうけど、集合ポールのスタンダードの一つとして定着良いカタチだと思うんですよねえ。

鈴木/ 西新宿も筑波も、開発系の街だから設置できたのかもしれませんね。さまざまな人が集まってきてそれぞれに歩き回る街の中に存在する「円形」=「輪」というカタチ、そこには何らかの意味が込められているのでは・・・。なーんていう図像学的解釈は、遅ればせながら読んでいる「ダヴィンチコード」の影響受けすぎ?

加藤/ あ、でも実は航空写真で西新宿を見てみると、この交差点を筆頭に、各所に「円形」が見られて、それはもうあたかも「ミステリーサークル」かのような…。前回からしつこいですが、都庁の柄やら土地の湿っぽさやら、きっと何かありますよ。

nssnjk_sky.jpg

西新宿ミステリーサークル群(黄色は今回の交差点)

鈴木/ 近未来からSFに飛んじゃいますか。土地の履歴も考えると結構ディープかも、西新宿ってば。
オレ土木 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<地域ブランディング | ホーム | 復興>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/60-83e93f08
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。