スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
目黒川 再開発 その1
2006 / 04 / 10 ( Mon )
20060412012903.jpg


サクラ舞い散る目黒川。葉桜ギリギリでしたが、桜並木の中目黒を散歩してきました。サクラの時期にゆっくりと歩くのは初めてでしたが、なかなか気持ちよかったです。水面までの距離は遠いんですが、やっぱり水辺の桜ってのは絵になるもんですね。ちなみに、目黒川の桜は昭和7年に植えられたそうです。
目黒通りの方から中目黒駅の方に向かって歩いてったんですが、特に中目黒駅より下流側(目黒寄り)てのは、並行する山手通りから一歩ウラに入った、という印象が強いです。でも、そんな立地を逆手にとって古いマンションの一階部分にカフェや飲み屋が並んでいる一角があったり、イイ雰囲気でした。

そんな中で、中目黒駅の東側(北東側)の一角で再開発の計画があるようです。既に一部は更地になってました。(またしても高層ビルの計画が・・・。反対側にできたばかりなのに。またしてもニョキニョキと。)
大なり小なり、都内ではあちこちで再開発が進んでいます。古い物を壊して新しい物を作る、ということは、特に混み合った東京のような大都市では当たり前というか仕方ないことで、それによって得られる物も大きいのも確かだと思います。だから、再開発を否定する話ではないんですが、そこで始まる新しい暮らしの姿がまだわからない状況だからなおのこと、今の姿が失われることに過敏になってしまうのかな、ボクだけでなく多くの人が。

昭和初期に植えられて戦争まで体験している桜並木が残る川沿いに、若い連中が集まって酒飲んだりしてるわけですよ。お年寄りも子供連れたお母さんも写真撮りながら散歩してるわけですよ。見てくれは「ウラ」っぽくてもいいんです。なんとなくみんなが「イイ感じ」と思える使い方、使われ方を残してさえくれれば。そう言う形で「場の記憶」がつながっていくといいんだけど。

この再開発で目黒川の桜が無くなるわけではないけど、いろんなところで起こることを考えると少し不安になりました。

laud miyota
miyota | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オレ土木 #011 | ホーム | オレ土木 #010>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/30-75111abc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。