スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
オレ土木009-都市の素(1) 工事中景展
2006 / 03 / 22 ( Wed )
DSCF0875.jpg

DSCF0881.jpg

加藤/ 「都市の素」シリーズとして,工事中の仮囲いを紹介した展覧会だったけど,どうだった?この展示.

金谷/ 入口の「街には常に工事現場がある,街はいつも工事中」みたいなコピーは,なるほどなぁ,そういう見方したことないな,とおもった.あと,「仮囲いから始まる土木デザイン」っていうコピーもあったけど,展示にあんまし土木なかったね.そもそも土木に限定した展示と思い込んで入ってきたおれらがまちがい?

加藤/ 松屋のあのギャラリーって,けっこう昔からデザイン関係のおもしろい展示がされてて,今回の展示を企画したのが韓亜由美さんという土木デザインの人だから,そこで「土木」がどう展示されるのか期待してたんだけど,韓さん本人の作品以外は民間の施設の仮囲いだったので,ちょっと物足りなかったな.みんなが壁の穴をのぞいている様子はちょっとおもろかったけど. 

金谷/ 都市はいつも工事中なんだから,都市施設だったらなんでもよかったんやろうかね.なんにせよ,仮囲いの向こう側を,デザインを通して,こっち側に見せようとする動きが最近ありますよ,注目してくださいねって,ていう趣旨の展示会みたいやから,それは結構なことでございます,っていうことでええんちゃう?

加藤/ 確かに「仮囲い」をフィーチャーするという点では成功している展示なんだとは思うんだけどね.ネットでググってみると「以前は気にしてなかったけど結構おもしろいじゃん仮囲い」的なブログも多かったし.でも韓さんのいう「囲いの向こう側」を感じさせる事例が少なかったのも,ちょっと残念だったんだよね.今回の事例のうち,壁の向こう側の主体と仮囲いの表面のデザインが,ぱっと見対応してるのって,2例(ozoc,松屋)ぐらいでしょ.

金谷/ 土木の道路工事の例は(新宿と沖縄の)ふたつしかなくて,どっちも仮囲いに地域をあらわしたイラストやしな,へぇかっこいいねぇ,で,どうなん?って感じはうけた.

加藤/ それ以外のは,仮囲いがどうのっていうより,その長大な壁面つかってどんなおもろいこと,というか仮囲いそのものの価値を高めるようデザインできるか,みたいになってたしね.

金谷/ でも壁の向こうのなんかとそれ見た人の間に関係が生まれる契機があるっていうのは,ずいぶん違うんちゃう.その程度のために仮囲いにそんなに金かけんでも,ええのとちがうかというのは抜きにして.でもやっぱり普通仮囲いとかみてもなんも気にせえへんのんやろうか.

加藤/ 多くの人にとっては視界には入っているんだけど,見えてない存在なんじゃない?で,今回の展示はそれを見えるようにしてくれたんだと思う.ただ,本当はやっぱり囲いの中身の方がおもしろいんだよね.建機が動いてたりとか,だんだんモノが立ち上がっていく様子とか.子供とか工事好きでしょ.おれ今でもクレーンとか動いてると見ちゃうもん.

金谷/ 土木の現場ってでかいわりに人少ないけど,粛々ともの出来上がっていくから,なかなか味わい深いのにね.あと,1mくらい掘ってるやってるちょっとした下水管の工事とかが見ものやねんて,小さいユンボとかかわいいし,土留めの大雑把さとか,ハラハラするし.土留めが壊れて人埋まるのって,ああいうちっさい現場で油断したときにおおいらしいで.

加藤/ なに期待してんるんだか.たしかに家ができていくの見るのとか飽きないよね.住宅だと,塗装する以外は,あんまり囲ったりしないから,工事作業ほとんど見れるし,それ自体がちょっとしたパフォーマンスというかプレゼンになってるよね.こどものなりたい職業のトップが大工なのは,住宅に仮囲いがないからかもしれないしね.

金谷/ 塗装工とか重機のオペレーターとか仮囲いの向こうだから見えへんしな.クレーンのオペレータやったら電車の運転士と人気ランキング的にはええ勝負できそうなもんやもんな.いっそのこと,大きい工事現場も,壁なくして見れればええのに.そうはゆうても現場でかいと,工事機械も車両もハンパなくでかいから,騒音とかほこりとか出てまうから,なんかしら囲わなんと,迷惑きわまりないんやろうけど.

加藤/ それと,勝手な思いこみなのかもしれないけど,「建設業界」ってなんだか大人のいかがわしさがあって,その現場が壁で囲われていることによって,どんどん壁が象徴的に高くなっていってしまった感じはあるよね.そういう意味で言うと,仮囲いになにかしら向こう側が感じられるデザイン的な仕掛けをして,そういう無駄に高くなってしまった象徴的な壁を下げようというのは,必要なことかもしれないね.

金谷/ まぁね.でもデザインもいいけど,いっそ丸見えなほうが良うない.壁の表面にちゃちゃっとなんかしても,向こうみえへんかったら,本質的には変わらんやろうから,ぱあっと透明がええで.やっぱし.土木の現場も,100万人の現場見学とか,ジオサイトもそうやけど,現場見学積極的にやったりして,理解を得よう努力してるみたいやけど,仮囲い透明にしたら,そのへんも一発で解決しそうなもんやで.

加藤/ ガラス張りもなぁ.時々道路に面してガラス張りの事務所とかよくあるけど,ああいうとこだと集中できなさそうで,だめなんだよね.工事現場の人たちも落ち着かなかったりしないかな?パンチングメタルにイラスト描いてる沖縄みたいなやつだったら,まぁ筒抜けに見えてないから良さそうだけど.


snjkw02.jpg

金谷/ こういうのはどうよ?全部見えてるわけやないけど,ちいさな窓付き仮囲いで覗き見できんの.ここの窓のむこうに4色のカラーコーンおいてあるけど,これってかなり見られてるの意識してやってるんちゃう?みられてんのも結構楽しげやで.

加藤/ 人にみられると意識するとクレーンの人とかもパフォーマンスに走って,すごい技とか見せてくれたりしたらおもしろいね.

金谷/ 現場によっては,こじゃれた作業着そろえたり,みょうにオトコマエそろえたりしたりとか.

加藤/ 工事現場って「ご迷惑掛けて申し訳ありません」的な邪魔者キャラになってしまってるけど,仮囲いが透明にせよデザインされたものにせよ,仮囲いをとおして,自己表現してるほうが,謝られるよりは,わかりやすいような気はするね.

金谷/ 「街はいつも工事中」って言うたとこから,「ご迷惑かけて申し訳ありません」とかいってる場合やなくなって,その仮囲いの向こうができたときの街のことに自覚的にならんなあかんようになっていく感じはするもんな.そのとき仮囲いを通して見せるものってゆうたら,この展示みるかぎり,土木やとちょぉっと難しいような気もするけど.

加藤/ 仮囲いのデザインがブランドイメージを彷彿させるの(ozocと松屋)は,納得しやすいし,広告スペースとしてつかってるのは,仮囲いっていういままでにない場所で,こんなおもしろいこともできるよ,っていうパフォーマンスと理解したとして,で,土木の道路工事の仮囲いのデザインがちょっと漠然としてるのは,主体がそこでなに言っていいのか,いまいち決め切れなかったような気がするけど,どうなんだろうね.まだまだこれからってとこかな?

金谷/ 展示してある土木のは現場のある街の歴史とか風土とかが描かれてるみたいやけどね.それって,グラフィックデザイン的にはええ感じでできてるけど,仮囲いを担当したデザイナーが,コンサルティングしながら工事主体のキャラをつくりあげてみたというところで,とどまってる気ぃもするね。

加藤/ 外見はかっこいいんだけど,本音がちょっとが見えてこないところで,今ひとつオトモダチになりきれないというか.

金谷/ まぁ一言でいうと垢抜けてへんってとこかなんかな.もっさいおれらがこんなコメントするのも何やけど.でも,その辺のどう向き合っていいかわからん距離感はあるもんね.もう少しバーンと裸になって自分をさらけ出してもらわんと,ちょっととっつきにくいというか.

加藤/ 工事現場だからって「邪魔ですみません,うるさくしてごめんなさい」と弱気にならず,「ネオトーキョー建設するぜ俺たち」みたいに,開き直ってポジティブに展開してほしいねえ.各社のユニフォームがデザイナーに一新されたり,イケメンクレーンオペレーターが話題になって,現場がエンターテイメント空間としてプチ観光地化したりしたら,景気回復にも役立つんじゃない?そいでちびっ子たちにも人気でれば,業界の未来も安泰!ということで,どうよ.

金谷/ ネオトーキョーって...ちょっと廃墟イメージあるけど,まぁ透明にしてもらえれば,あたしはそれで.

オレ土木 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<安全とその他 | ホーム | 高いビル>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/26-0f42b3f5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。