スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
まちをつくる分野
2006 / 03 / 06 ( Mon )
「土木」のデザインの話をする時に、いつも話すことが「建築」と「造園」の話です。それぞれのデザインの話をするのではなく、公共空間とか風景とかを構成している要素としては、どれも同じだ、という話です。「ランドスケープデザイン」というと造園分野でよく使われますが、土木のデザインも「ランドスケープデザイン」と言えると思うんです。

でも、実際の仕事の中でははっきりと分けられてしまってるんですよね。造園の分野の方々(会社と言った方が適切かも)が土木の仕事をすることは少ないんです(皆無では無いですよ、もちろん)。発注者とか工事の種類とかで分けられちゃうんですよ。例えば街路樹の工事は土木工事なんですね。
少し前に造園の分野で活躍されているデザイナーの方と話した時に、やはり土木の仕事は魅力だけど、なかなか入り込む余地が無いとおっしゃっていました。

土木では、最近「住民との合意形成」とか「意見募集」とか、地域に対する意識がこれまで以上に高まっています。そのため、まちづくり的な業務も増えてきているのですが、その辺のプランニングの仕事で言えば、もちろん土木にもその専門はいますが、造園で学んできた人達にも活躍の場があるわけですね。デザインよりもプランニングの方が需要に対する人材って意味では不足してるかも、と個人的な印象。
もっと情報とかもアレするといいんですけどね。

求む!プランナー!!(いや、社員募集じゃありませんよ。)

laud miyota
miyota | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オレ土木008 | ホーム | オレ土木 #007>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/22-ddfd7ff4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。