スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
オレ土木 #006
2006 / 02 / 22 ( Wed )
02.jpg

03.jpg


御代田/ あんまりじっくり眺めたこと無かったけどさぁ、高速のジャンクションてすごいね。

金谷/ 特に首都高って環状+放射やから三叉路ってわりとあると思うけど、三叉路のまんなか立ったら360°からいろんな形が目にはいってくるし。

御代田/ 上下線が分かれるから、形が複雑になるね。それに一ノ橋ジャンクションの場合、下に川まで流れてるから、なんだか空間的にもごちゃごちゃだよな。しかも、ここなんてジャンクションの真下で、道路と川にも仕切られてて、完全なデッド(スペース)になってるね。そこにこんな公園かよ。

金谷/ どうにも使いようの無い死んでる空間に、「うるおいと憩いの空間をつくります」みたいな安直な発想がもとなんかな。デッドの必死の延命やな。しかし、これなに?変な枠ついた橋に板貼ったりしてるけど、こういうのボード・ウォークゆうんか。

01.jpg

06.jpg


御代田/ あぁ、なんだか無理に「水辺を意識してます」的なとこあるな。あっちにある変なチューブとか、水流れてるし。川は死んでるのに、、水使えば「うるおってます」、木を使って「憩いです」みたいなのイヤだな。
なんだかこの人気の無さもさみしいし、今日の寒さが余計にさみしさを増長してるわ。それにしてもデッドだなぁ、、ここ。

金谷/ デッド・・・って、首都高の壁高欄に、デッドが見える。さび汁たれてるだけやけど、へんに多いからスプラッタぽい。橋の上とか川沿いって風のとおりええから乾いてそうなもんやけど。よっぽど空気よどんでんのか?なんかデッド臭ただよってる気ぃしてきたわ。

御代田/ そういえば一の橋ってむかーし暗殺があった所なんだよな、思い出した(清川八郎暗殺事件:1863年)。
なんだか、デッドの臭いがしますな。。

金谷/ ここって、地形みたらこう皿の底みたいなとこで、で、高速道路の合流部やろ。ほんで昔は川の合流点やし、さらに道路の交差点になってて、あげくに地下には地下鉄も交差してるやろ。やっぱなんかいろんなもん流れてきてて、そういう怨念とか、なんか重めの“気”とか溜まりがちな所なんちゃうん?

御代田/ 例えば、変なチューブに水かかってるのも、そういう魂とかによばれて、お清めの水場を作らされてるとか?

金谷/ そうそう、なにげに「うるおい」=「水」とか「憩い」=「木」とか表面的な話してる場合とちがうと。ボードウォークの木かて「繁殖」とか「成長」とかそういう「生命のなんちゃら」みたいな意味にも捉えられるし、あのチューブかて「胎内回帰」するところやと考えたら、「再生の場」みたいにも捉えられへん?で,「デッド―再生―成長」と無理めに話つなげて、じつは公園自体がそういう重たい空気の処理というか、お清めの装置になりたがったとみるのが正しやも。

御代田/ なんだか強引だけど、そういうのに導かれる、みたいなのは意外と信じちゃうんだよね、オレ。そういう場所だからそう導かれる、そう作るからまた魂が集まる、みたいな。

金谷/ なんといってもチューブがご丁寧に水で濡れ濡れなのも、なんともあれで。再生を促す感があっていいしね。

御代田/ そういうことでのあのデザインか。すごいな、ここの設計者。ここ麻布十番の真ん前だよ。しかも交差点の角地。高速が無かったらでっかいビルが建ってたんだろうな。でもそうなる前に高速道路という蓋をかけさせて、人間の自由にさせなかったんじゃないかね。

金谷/ かなり霊感つよい設計者やな。ていうか、そういう設計者すら呼ぶんやろうね、この場が。

御代田/ そっか、あそこで段ボールにくるまってる人も、そういう生まれ変わりとか再生とかそういう希望を持ってここに導かれてきたのね。

金谷/ そうそう、見た目人生捨ててるっぽいけど、むしろ“パズィテーブリ”やねん。

御代田/ なにそれ?

金谷/ ここ。前向きっちゅーこと。


05.jpg

04.jpg


御代田/ なんだか強引だ・・・。




オレ土木 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<地名の話 | ホーム | 景観の解釈>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogchecklaud.blog37.fc2.com/tb.php/19-e9ddd57c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。